Satisfactoryっていうゲームにもハマった

以前factorioっていう工場経営ゲームを紹介したんだけど、これの記事の投稿日を見てみると、4年前の2016年って書いてって、えー、これ去年くらいにやったゲームじゃなかったっけ?え?4年前?なーんて時空の歪みを喰らってしまってショック。時の流れは残酷だって事だね。

まーまーそれは良いとして、同じような工場経営ゲームで滅茶苦茶面白いのが出たから紹介させてくれ。これがその、Satisfactoryだ。

いやーこれが面白い。面白すぎて、↑の動画の翻訳を投稿してしまったほど面白い。(採用されたら、それは僕です)

factorioと比較される事の多いこのゲームだけれど、カルタシスを感じるポイントっていうのはそれぞれ違うような気もする。factorioは平面の空間をスタスタ走って工場を作るゲームだけど、Satisfactoryは3Dだ。上下の概念がある。100階建ての工場も作れるし、崖とか滝とかあって、落ちたら死んだりする。

そうなると工場建設はfactorioのように一瞬でスコスコスコー!という訳にはいかない。まず基礎工事から始まって、いやいやその前に周辺の障害物(木とか)を伐採して整地しなくちゃ、いやでもまてよ、東に300mほど行けば水源があるから、やっぱりそこの土地を中心にして・・・

なーんて具合に、全然工場建設が進まない。でもね、でもね、これが楽しいのよ。
出来上がった工場を一望出来る見晴台を作ろう!そしてコーヒー片手に悦に入ろう!あーでも、それにはあの丘に登ってそこに見晴台の基礎を建設したいから、それにはそこまで行く土台を建設して、あれ、土台の材料のコンクリートが足りないぞ。ちょっとこの前作ったアイテムハブから補充してくるか、ついでにその道中、回復アイテムを採集して・・・・

なーんてやってる間に朝が来てしまうという、恐ろしく中毒的なゲームなのだ。ちょーオススメ!自分的には今年のゲームでダントツ1位の面白さ!