YAMAHAのSyncroomにハマった

オンラインセッション!

 

何をonlineでsessionするかは色々だけど、2020年7月現在、僕らはインターネットのインフラとか技術とかの発展の恵みを受け、スマホとかパソコンとかを使って、チャットしたり対戦ゲームしたり音声通話したり映像会議通話したりしてる。えーもう何でも出来るじゃーんあとはユーザーの視覚にストレートに情報を投げるようなやつ(VRとか)があれば、SF小説でよくヲチになってたバーチャルワールドの完成じゃーん。

 

って思う人が多い一方、ミュージックセッションが病的に好きなクラスタ(僕たちのことです)はまだ満たされていない。Online Music(Jam) Session!これがまだ出来てないじゃないか。通話も出来る、元気そうな顔も見れる。でも、音楽的なコミュニケーションが問題なくとれるという時代には、まだなっていない。

 

クリアしなくてはいけない問題は色々あるのだけれど、みんなが(たぶん)一番気にしているのは『遅延』という事になると思う。オンラインゲームしてても度々使われるこの”Latency”っていう問題があって、遅延0.1秒あったとしたら100ms ←みたいな感じで書かれるんだけど、この数値をいかにゼロに近づけていくかっていう問題。いっこく堂の「–あれ?声が遅れて–」の感じを普通に持ってくる施行と言えばわかりやすいだろうか、いや逆にわかりにくいだろうか。

 

まー要するに、discordとかzoomとかじゃlatencyが高すぎて、ギグでノレねーんだよ!って話。DAWのデータをメールで送り合ってちょこっとづつ更新していく作業〜なんつーのは昔からあったかもしれないけど、俺らはリアルタイムでやりたいんじゃー!リアルな人間とやりたいんじゃー!映像も切り捨ててよい!ファンシーなUIもいらない!ある程度の知識を強要されても、まーこっちもある程度は我慢して勉強してやる!だから、遅延を下げてくれ!遅延を!下げてくれ!あと次点で、音質は、逆に、上げて😍そうゆうサービス!くれ!

 

f:id:yosuke0719:20200729103011j:plain

https://syncroom.yamaha.com/

 

っていう業の深い人間の欲望を満たしてくれるサービスがあって、YAMAHAがやってるsyncroomというサービスを最近発見した。ちょーーー面白い。出来るんじゃーん!onlineでmusicのsession出来るじゃーん。実際にセッションした人たちから話を聞くと、NETDUETTOっていうこのsyncroomのβだかαだか版が何年も前からあったようで、割とそのポータルサイトの住民の方々がそのままこのsyncroomのベテランユーザーとなっているパターンが多いっぽい。あー俺が知らなかっただけかー。まーとにかく現在、サービス名やurlが一新された今でもオープンβ的な運営がされていて、無料。わーいすごいね。でもどっちにしろ自分の部屋の音楽環境作り始めると金が湯水のように無くなっていくんだけどねはははは。

 

で、ざっくり、

・光回線、有線lan接続、

・パソコン、高スペである必要は(たぶん)ない。

・オーディオインターフェースっていう、アナログ信号をデジタル信号に変えるやつ。

 

・あと楽器。

 

これがあれば遅延を(ほぼ)感じる事なくセッションが出来る。すごいねー!30年前から夢見てた未来がついに来たね!

 

で、遅延の問題はどのくらい解決したんだよって話なんだけど、上記の機器条件を満たしていたとして、あと設定とか最初だけ面倒臭いけど、とりあえず何も考えず推奨設定をまるっと真似したりすれば、ざっくり30ms未満は期待できる。ご近所さん同士だったり、回線の調子が良かったりすると20ms未満も狙え、1桁が出ると「すげー!」ってなる。

 

僕の感覚だと20msくらいなら全然OK、30msでもまだまだOK、35msで😅みたいな顔文字になり、40ms以上はうーんちょっと、って感じ。レイテンシの数値が上がったり下がったりしてしまう原因は色々あるのだけれど、セッション中の人達との物理的距離(関東?関西?など)、IPv6接続の可否、回線の混雑具合、などなど〜がある。

音質に関しては、これはサービス提供側というよりも、実際に音を出す僕らの方が主体的に改善していくべき、もしくはしたい人はやればいいって話だと思う。IPv6に対応してくれた時点でサービス提供側が出来る音質向上施策はほぼ終わっていて、後はユーザー側が最終的なマスターoutからsyncrooomに飛ばすまでの段階で、なるべく音質を劣化させないようにするしかないよねって話だと思う。

僕らが出来る事はいろいろあって、例えば「バッファサイズ_とは」などの知識としてのターミノロジーとか、input/outputの感覚とか、ちょっと高いオーディオインターフェース買っちゃうとか、エアコン回すの我慢するとか、楽器を練習するとか、そうゆう作業がまた楽しいんだよねー。

 

という訳で「簡単にはじめられるアクティビティ」という話ではないのだけれど、オンラインセッション興味あるんじゃー、コロナでリアルセッションバーに行けなくて困ってるんじゃーって人は、ちょっと試してみて。おすすめ!一緒にセッションしましょう!