一本目のアコギ

アコギを買うときの最初の一本はどれにするか。この抽象的な問いに対して明確な答えはないのだけれど、特に「このメーカーじゃなくちゃ嫌だ!」というこだわりがないならば、僕はヤマハをおすすめするよ。アコギに限らず、ヤマハの楽器は本当にコスパが良くて、且つクオリティが安定している。万が一の時のサポートも、流石超大手だけあって過剰なまでに充実している。唯一の欠点はYAMAHAというブランドがロック的に格好いいかという事なのだけれど、それは後述する。

銀座にヤマハショップがあるので、僕はそこに足を運んでアコギを10本くらい弾いてきた。最近FGシリーズがリニューアルされたので、どんなもんかなと思ったっていうのが最初の目的だったんだけど、なぜか帰り道にFGシリーズの上位機種であるLL6を買って持ち帰ってしまったんだ。FGも悪くないんだ。すげー安い割にチューニングも安定してるんだけど、僕的には「鳴り」が欲しかったかな。

この「鳴り」っていうのはなかなか科学的な概念のような、オカルト的なような、微妙な考え方なんだ。バイオリンなんかはいかに上手く木材を共鳴させて良い音を出すかっていう楽器だよね。だから小さい頃からバイオリンやってる人は、体の成長に合わせて10回くらいバイオリンを買い替えて、最終的に何千万もするものを買ったりするんだ。ブルジョアやなぁ。で、ギターなんだけど、上を見ればキリがないっていう大前提がある。商品そのものの価値よりも、エイジングだったり、当時の木材の質だったり、保管環境だったりで音や価格が大きく変わってしまうので、僕ら一般ピーポーはどこかで妥協しなくてはいけないのだ。特にそれが一本目、初めて買うアコギだったりした場合は、何の要素を優先するかを決めなくてはいけない。

まずは「チューニングの安定」を見よう。ここがクリア出来てない楽器はゴミ。大体中国製の激安通販ギターとかがこの最低限の基準をクリア出来てない糞ギターで、僕自身も中学生の頃に9800円エレキギターを通販で買っているけれど、本当におすすめしない。インテリアとして部屋に置いておくなら・・・いいんじゃないかな。判別方法はちょっと弾いてチューニングがすぐ狂ってきたらゴミ確定なんだけど、本当に楽器が初めての人には判定が難しいかもしれない。まーとりあえずアコギで言うと「5万円以上」でこの辺のリスクはほぼ0%になる。ヤマハだったら一番安い(3万くらい)やつでも大丈夫。

そして次は「音」を見てみる、と言いたい所だけど、変な話ここは非常に難しい。すごくざっくり言ってしまうと、そりゃー値段が高くなればなるほど一般的に言う「良い音」にはなっていくのだけれど、好みもあるし、そもそもギター本体以外の環境(弦とか湿度とかテクニックとか)の要素もかなり大きい。だいたいアコギ買うのが初めてなのに音質を判別するなんてほぼ不可能だと思うんだよな。なのでここはひとつ、僕とヤマハのクオリティを信じて、無視しちゃうっていう作戦に出よう。

最後は「鳴り」である。音質にも少し関連する事だけれど、これが「気持ちよさ」という意味で個人的には非常に重要。先述したように、ギターは木で出来ていて、その木を共鳴していい音を鳴らす楽器なのだ。で、共鳴すると、ギター本体が振動する。ジャジャーンって弾くと、その振動がダイレクトに自分の体に伝わってくるはずだ(但し鳴りの良い楽器ならば!)。個人的にはこの振動が気持ちいいかどうかで、ギターを弾くのが楽しいかどうかが決まってくるまであるような気がする。文章で表現するのは難しいけれど、この音の跳ね返りがプレイヤーにとって、本当に本当に「快感」なのだ。なのでとりあえず試し弾きする時、恥ずかしがらずに思いっきりジャジャーン!と鳴らそう。良いギターなら答えてくれるはずなのだ!

で、この「鳴り」が感じられるか感じられないかのラインがヤマハでいうと6万円くらいになる。FGシリーズとLシリーズがちょうどこの辺りの価格帯で分断されるのだ。で、具体的にピンポイントで初めてのアコギとしてお勧めするのはLL6だ。上記の条件をすべてクリアしているギターで、一番価格も抑えられている。上を見ればキリがないけれど、下を見ればこれ以下のグレードよりも全然良い。もちろん初めてのギターに7万とか8万出せるかというと、ちょっと勇気のいる事かもしれない。でも是非挑戦して欲しい。気持ちよさが全然違うから。

******

ヤマハというブランドについて

年齢とか、やりたい音楽のジャンルとかによって、ブランドに関する考え方は様々だとは思う。アコギはマーティンこそ至高!って考える人もいるし、「俺はテーラーギターしか使わねえ!」っていう人もいる。僕は楽器関係で働く人間じゃないけれど、この辺のブランディングって、楽器マーケティングでは本当に重要なんだと思う。家電みたいにスペックが詳細に出るわけじゃないし、「音」という何がホームランで何がショートゴロなのか絶対的な指標がない要素で勝負している分野なので、ユーザーが持つモヤっとした「イメージ」っていうのはすごく重要なんだと思うんだ。ピアノのスタインバーグ、車のランボルギーニ、家のヘーベルハウスみたいな、絶対的なブランディングポジションを、アコギ界でヤマハが持っているかというと微妙なのだ。僕自身はヤマハが大好きだし、ロゴマークも格好いいと思うのだけれど、一般的にブランドの最高潮として認識されていないという事はわかる。海外勢(ギブソンとかテーラーとかマーティンとか)に一歩リードされている感は否めない。それはある意味僕らが日本人で、ロック、ジャズ、クラシックは元々欧米の文化で、それらに対する憧れ、逆に言うとコンプレックスを多少ながら持っていて、その関係で海外製の楽器メーカーにブランディングという意味では優位性があるんじゃないかと個人的には思うのである。